• Furuya Hirotoshi

躍進する新興メーカー

皆様、こんにちは。お久しぶりです。所属エンジニアの加瀬です。僕の普段の活動として、バンド系音楽の録音に携わることが多いのですが、その際に使用している機材について今回は書きたいと思います。

レコーディングにおいて、重要とされるものはいくつかありますが、僕はその中でも音源となるソース(楽器の音・ボーカルの声など)、そしてそのソースに合わせた機材選択(マイク・マイクプリ)に重きをおいています。そんな中で、僕が愛用しているのはアメリカはシカゴに拠点を構えているBlack Lion Audio社の1073系マイクプリであるB173 500というAPI500フォーマットのものです。

このモデルについては、日本未発売でして、わざわざアメリカから取り寄せたものでもあるのですが、$399という価格設定に対してこのクオリティを出してくれるとなると、なかなかほかのメーカーも大変なのではないかとも思えてしまいますが、ぜひとも頑張ってほしいものです。しかし、安さのみを追求してしまうと、悪い部分も露呈してしまったりするので、加減が大事ですけれどね。。


僕が次に目をつけているのは、南米チリに拠点を構えるSTAM AUDIOの製品です。HMPでもSSL4000タイプのSA-4000EQを導入予定ですが、僕個人としてもぜひ導入したいなと思っています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va