magix-software-vector-logo.png

- Mixing & Mastering case study -

MAGIX社のソフトウェアを使用し、どれほど楽曲へDAWの性能が影響するかを、実際の楽曲を用いて説明しています。今回のアプローチは、現代のマスタリングがまだ反映されていない名曲たちを使い、楽曲自体が様変わりする姿を表現してみました。

TOTO - Africa -

A&Mグループで運営する新ブランド、GNESIS SOUND TECHNOLOGYからリリースされるヘッドホンの性能を具体的に説明する意味で作られたマスタリング音源です。このマスタリング自体は、Infinity -Luxury Gold-のみでサウンドを作り込まれており、日ごろから行われる極限のサウンドメイクをヘッドホンで実現してみました。

舞台裏の話として、​日頃スタジオで用いられている世界最高峰のスピーカーである、Kii Three + BXTの性能に、新製品のヘッドホンInfinity -Luxury Gold- が何処まで肉薄できるかを表現しています。GENESISとしては、オフィシャルな形で声明を出してはいませんが、実際に開発のリファレンスの一つとして重要視していたのがKii Threeのサウンドで、更に長時間使えるようハイゲインを抑えた形で解像度を上げることに注力しています。MAGIXのDAWとも非常に相性が良く、透明感あふれるサウンドを上手く作り上げることができます。

GENESISホームページ⇒Website

​Bon Jovi - Always -

現代の再生環境ならではのHi-Fiな高音、空間美、そして重厚で濃密な低音を実現しているこのマスタリングは、SPL IRON、SPL PQ(M/S)、Bettermaker Mastering Equalizer、elysia alpha compressorを通し構築された繊細かつ力強いサウンドをMAGIX Sequoiaにて受け止め、その上で更にSequoia標準装備のEQであるEQ116、ディエッサーであるeFX DeEsser、そしてチェインの最後にはeFX Limiterにてそのとてつもなく力強い音圧をもった音を受け止めさせることで実現をさせています。ここまでのボーカルを表に際立たせるEQを用い、尚且つ楽曲として成立させるには超高性能なDeEsserが必要不可欠となります。 (ここで使用されております、eFX系のプラグインやEQは全てSamplitudeにも純正装備されています。)

Mariah Carey - Emotions -

現代の再生環境ならではのHi-Fiな高音、空間美、そして重厚で濃密な低音を実現しているこのマスタリングは、90年代の名曲を現代に蘇らせるべく、ダイナミックレンジ及び各セクションの色合いを強くすることで、楽曲自体の隠れた魅力を引き出しています。マスタリングに使用した機材チェインは、Bettermaker Mastering Equalizer(M/S)、Custom Audio Germany HDE-250(M/S)、その後にSPL IRON、更にはSPL Passeqで低音を整理し、elysia alpha compressorで最終的なステレオイメージを作り上げています。 構築された繊細かつ力強いサウンドをMAGIX Sequoiaにて受け止め、その上で更にSequoia標準装備(※Samplitudeにも同じく標準装備されています)のEQであるEQ116、ディエッサーであるeFX DeEsser、そしてチェインの最後にはeFX Limiterにてそのとてつもなく力強い音圧をもった音を受け止めさせることで実現をさせています。ここまでのボーカルを表に際立たせるEQを用い、尚且つ楽曲として成立させるには超高性能なDeEsserが必要不可欠となります。

​TOTO - Stop Loving You -

先に公開されていたMAGIX社のSequoiaを用いた完成マスタリング音源です。以前の音源から各トラックに付帯する純正EQ、ステレオイメージを調整するWidthを用いていますが、双方にあくまでMAGIX社の純正付帯してくる機能でここまでのことができます。eFXのリミッター、DeEsserも勿論そのまま使われており、強烈なサウンドを意図も簡単に受け止めています。 (ここで使用されております、eFX系のプラグインやEQは全てSamplitudeにも純正装備されています。) 世界のHiro Furuyaのこうした音作り/活動を支えるのがMAGIX社の技術力であり、Hiro Furuyaの感性が選んだのはMAGIX社のDAWでした。 

 

【EQ調整前】https://youtu.be/0bAACZQY9hg

​Bon Jovi - Living In Sin -

数々のアウトボードを使用し調整されたマスター音源は、楽曲の魅力をあらゆる面で有しており、そのパワー感というものは絶大なるものです。MAGIXのDAWは、その魅力を忠実に読み取り、また更には、付属のEQやディエッサー、リミッターを使用し、更なる魅力の引き伸ばしの最終調整を可能としています。ここまでの高純度かつ高精度な純正プラグインは、MAGIXのみが有する武器です。Samplitudeにもこれらのプラグインが標準装備されており、ITB/アナログ併用問わず、マスタリング作業を行う折に、ユーザーの手助けとなるでしょう。現代のマスタリングには欠かせない機能です。

​Elton John - The One -

90年代のエルトン・ジョンをドラムスとして支えたチャック・サボが、MAGIXにて過去の名曲を用いたマスタリングシリーズを作成していることを知り、Hiro Furuyaにチャック自らが過去の参加楽曲をリマスタリングすることをHiroに依頼。

​チャックといえばライオンキングで著名ですが、Hiroは90年代の名曲The Oneをチョイス。美しきメロディラインと共に、ダイナミックなマスタリングが光ります。