• Furuya Hirotoshi

スタインウェイのご商談とオーディオコンサルティング

お盆休みが終わったばかりの本日ですが、早速にスタインウェイのご商談を頂戴しております。 通常夏は、ピアノのお問い合わせというものが減少傾向にありますが、今年は多数の引き合いを頂戴しております。音というものを、ピアノのみではなく楽曲を制作する、若しくはレコーディングするという視野を持つ当社は、やはりスタインウェイをご覧になられる方々にとっても、特別な存在に感じられるようです。しかもそれがグローバリズムの中で、激しく競争をしているとなると、また一段と異なる視野を感じて頂けるようです。 話はスタインウェイから始まり、スタジオに移ればオーディオやルームチューニングのコンサルティングへと移行していき、これまで長きに渡り構築してきたノウハウを、余すところなく音楽愛好家の皆様にご提供できるというのも、また当社ならではの強みと言えるかと思います。 世界の音の価値というものを、是非確かめに足を運ばれてみてください。きっと新たな発見があるかと思います。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スタインウェイ・グランドピアノ中古L型入荷

本日成田空港に到着したばかりなので、写真の用意ができませんでしたが、スタインウェイ・グランドピアノ中古L型が到着しました。今回の便は、1968年製の艶消しブラック480万円になります。また、次期の輸入ピアノも決まっており、スタインウェイ・グランドピアノのB型1987年製が入荷予定です。今回もスタインウェイ本社で黄金時代を支えた、Ken Eshetの手による調整で、DHLにて半導体をも輸送できるク