• Furuya Hirotoshi

SPL HalkEye

プラグインの導入が続々と進んでいます。プラグイン単体でのミキシングやマスタリングは絶対に行いませんが、上手くハードギアを補佐する形で使用していくことには非常に好感が持てます。そうそう、補佐役でプラグインを使うという概念であれば非常に上手くいく気がします。これを感じ始めたのは、今年の1月に発表になったスロバキアのアーティストの楽曲をマスタリングした時でした、繊細さとダイナミックなイメージを共存させようとしたときに、余りハードギアに頼り過ぎたマスタリグをすると、少し音が武骨に感じたんですね。もう少し線が細いというか繊細というよりは、腺病質でも良いかな。。。なんて感じた音源だったのですが、そこから一気にサビヘ向けて展開が大きくなる楽曲だったので、なおさら入りの部分には線の細さが欲しかったんですね、あれこれ散々にやって、確かIzotope のダイナミックEQを使ったんだったかな。。。この辺りから再度プラグインというものの重要性を感じ始めました。

それで最近のお気に入りがいくつかありますが、その中でも SPL HalkEyeはお気に入りの分析用プラグインです。メーター見たからと言って、特段音が良くなるわけではないのですが、たまにかなりトリッキーなことをやっていると、本来あるルールから逸脱しすぎてしまうことがあります。そういうものを避ける意味では、メーターというのは非常に重要だと感じています。重要視しているところは他にもいくつかありますが、それもメーターに表れてくれるので何かと助かります。

今はアナログ7割、プラグイン3割くらいかな。。。と思います。良い感じの割合ではないかと思っていますが、また直ぐに変わっていくと思います。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va