• Furuya Hirotoshi

Kii Control

Kii Threeを使い始めてから1週間が過ぎようとしています。

聴けば聴くほどに、このスピーカーの素晴らしさを知るとともに、正に世界最先端といえるソリューションを備えた機材であることを思い知ります。Kii Threeに付帯するこのコントローラー自体は、単なるボリュームやソースをチョイスできるだけでなく、DDコンバーターとして機能することで、直接スピーカーにデジタル音源を送信できます。USB、ADAT、SPDIF、AESの入力を受け付け、あらゆる機材から柔軟にデジタルソースを受け取ることができます。

が、しかしです。面白いのが、今のところの感触としては、アナログソースで聴いたほうが深みもありますし、何と言っても10Mhzのワードクロックで整理された音源をSSLやNEVEのコンソール経由で聴いたほうが音楽的と言えるのかもしれません。あくまでも、今のところの所感ですが192kHz以下の音源は、極力アナログ経由で聴くようにしています。しかし、これがDSDやDXD、384kHzの音源となるとUSBしか選択肢がほぼなくなり、MADIが唯一384kHzまで対応可能なデジタル信号ですが、そのAD/DAコンバーターがないことから、デジタルで聞く以外に選択肢がありません。非常に贅沢な悩みですし、そもそも192kHz以上のハイサンプリングレートが用いられることは滅多にないので、業務上で使用する折にはKii Controlの機能をフルで使い切るということは余りありません。どちらかと言うと、スタジオで趣味の範囲で音楽を聴くようなときには、DSDも用いるという感じかと思います。

しかし来年度中には、Kii Controlが存分に使い切れるほどのAD/DAコンバーターを入れたいと画策中です。

新しい考え方の機材が投入されると、その次の可能性を模索する良い機会にも恵まれます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va