• Furuya Hirotoshi

IGS Audio Tubecore


今日ご紹介したいのは、IGS Audioの真空管コンプレッサーです。実際に当社のスタジオにも導入されており、その濃厚なサウンドでボーカル・ギター・管楽器・バイオリンなど、ソリストいはまずこのコンプレッサーを噛ませてミックスしています。特にAPI500シリーズに対応した機材も素晴らしく、SSL-XLデスクにインストールしソリッドと真空管を上手くブレンドし、使用ています。

真空管コンプレッサー、IGS Audio Tubecore

写真の一番左側にインストールされているのが、Tubecore500です。先にも書いておりますが、非常に濃厚なテイストのサウンドが持ち味のIGS Audoを代表する機材の1つであり、コンプレッサー自体の掛かり具合は自然ですが、真空管ならではという部分と、IGSが持つ思想とが相俟って独特の世界観を作り上げてくれます。透明感やパンチーという表現は似合わなく、兎に角音密度を濃くしてくれる方向性を持ち合わせている機材です。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va