• Furuya Hirotoshi

IGS Audio LA-2A


今日は、もう1つIGS Audioの機材を紹介してみたいと思います。One LA 500という機材です。これは動画にもあるように、ユニバーサルオーディオのLAをクローンとして、現在の技術でAPI500シリーズの企画に合わせてモデリングしたものです。これもまた、相変わらず濃厚なテイストのサウンドで、クローンとは言え現代の技術、またサウンドに合わせて作られているので、非常に重宝する機材です。これもまた、真空管のコンプレッサーという立ち位置にはなるのですが、操作はいたって簡単です。コンプレッサーとリミッターを選ぶスイッチ、ゲインの調整、そしてスレッショルト。これだけです。細かい設定もアタックやリリースといった機能も付いていませんが、兎に角この機材を通してでなければ手に入れられないノーブルなサウンドがあり、一度使うと病み付きになる勢いです。 特にボーカルやベースに置ける野太い音は、他の機材では考えにくく、加えてTubecoreとはまた違うアンティークな中にも現代を意識させる、垢抜けたサウンドメイキングが可能です。その他、現在PSE法の対象故に、輸入に至っていませんが、ラック版でのリリースも行なわれており、こちらはステレオリンクが可能な昨日の持ち合わせています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va