• Furuya Hirotoshi

elysia mpressor 500


エンドースメント契約をしているelysia社が、TEC Awardを mpressor500で受賞したとのニュースがはいってきました。それとともに、CEOのドミニクとは以前より約束していたmpressorでSSL-XL DESK16ch全ての500スロットを埋めるという構想をしています。以前elysiaの機材で500スロットすべてを埋めたことが有りましたが、それまでelysiaはステレオ環境の機材をリリースしてきていたので、独立してのコントロールが出来ないという欠点を持ち合わせていました。しかし、今回のmpressorの出現により、機材全体の流れから来る景色は一変し、それぞれのチャンネルに入ってくるサウンドを16ch分、最新鋭のハードギアで質感に変化を与えられるというのは大きなメリットです。 SSLにしてもNEVEにしてもそうなのですが、コンソールとしての外枠は使えても、各機材、特にEQやコンプレッサーは既に時代遅れという感があり、使えないことが多々あります。アメリカのサウンドでは何とか対応できたとしても、ヨーロッパから送られてくるサウンドには確実に対応が難しいことが殆どです。 人によりスタイルは様々かと思いますが、僕の場合は突き抜けるようなクリーンサウンドを売りにしているところもあり、最先端の哲学を持つメーカーとのリレーションシップは必須と言えます。elysiaは正に現代を代表するHi-Fiサウンドを作り上げて来ており、彼らの素晴らしい技術に感銘を受けている身としては、コンプレッサーを必要とするトラックの殆どを、彼らのサウンドで作り上げられることは、自らの強味として今後世界で競争できると信じています。 早くインストールできるよう、準備を進めたいと思います。

#elysiampressor500

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va