• Furuya Hirotoshi

SPL Neosが導入されました。

現在最強のミキシングデスクとして名高い、SPL Neosが導入されました。ミックスバスのまとめ役として、そしてステムマスタリングやリバーブ・ディレイの行き先として、ミキシングの最終ポイントとして活躍しています。そしてマスターアウトは、SPLマスタリングコンソールに送られており、国内で考え方すら存在しなかったチェインを構築しております。

海外でもこれらのアイディアは称賛されており、今後さらに充実のサウンド構築に寄与してまいります。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va

IGS Audio社製品の参考展示について

IGS Audio社の輸入代理店業務を担当しております、加瀬です。 この度、宮地楽器RPM様の店頭にて、IGS Audioの以下の3機種を参考展示して頂くこととなりました。普段の音楽制作において、実際に使っている機材であることから、様々なノウハウ・使用例とともにお届けできるかと思います。参考までに、各機種の特徴を説明いたします。 1)Tubecore 500 – モノラル仕様Vari-muタイプ真