• Furuya Hirotoshi

SPL Crescendo 始動

遂にSPLのCrescendoがフィールドで始動しました。 Crescendoは、まだグルーバルデリバリーが開始されておらず、昨日のレコーディングは世界初でフィールドレコーディングを行うことが出来ました。 スタジオでは多少オーバーパワーの感もありましたが、今回のフィールでのレコーディングでは、最高のパフォーマンスを発揮しました。本当に素晴らしい哲学を持ち合わせており、音像の大きさや倍音の豊かさ、それに加えてキャプチャーできる奥深さという意味では、デジタルマイクと同じような印象を、アナログで体感できるマイクプリアンプと言えるかと思います。また、重厚な音色を演出し、正にクラシック音楽で用いられるパイプオルガンのような音を、更に現代風にアレンジし濃厚な形でレコーディングサウンドを創り上げてきます。 デジタルマイクも興味を持っていましたが、やはり音の入口部分はアナログで対応することが最も適していると思え、今後はこのマイクプリアンプを16chまでに拡大し、更に良い音を求めていきたいと思います。 SPLの最近の動きは、正に時代のトレンドを揺り動かすような活動をしており、エンドーサーとして大いに歓迎できるところです。彼らに対して、良い働きが出来たのであれば、何にも増して大きな喜びです。

#SPLCrescendo #マイクプリアンプ

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va