• Furuya Hirotoshi

SPL Crescendo・・・120v マイクプリアンプ

レコーディング マイクプリアンプ

エンドース先のドイツSPL社より、マイクプリアンプ Crescendoが到着しました。 昨日は軽井沢まで音響機器のコンサルティングで出張ゆえ、夜10時に戻ってきましたので、そこから到着機材の組付け、サウンドチェックとなりました。 昨日のテストではスタインウェイB型を用いて、Earthworks PM40とBrauner Phantheraのセットでレコーディングを行ってみました。元々マイク自体が集音力の高いものばかりを集めているので、それ相応の音は鳴りますが、それ以上にこのマイクプリアンプが余りに音像を大きく捕らえることと、150dBのヘッドルームが織り成すパワーというものがあり、これまでのマイク位置やプリアンプの設定では対応しきれないものがあります。 昨日のレコーディングでは、これまでマイク4本で対応して行き着いた音が、2本で十分という結果であり、むしろ4本では音像が大きすぎてむしろ邪魔になるほどの解像度を誇っています。昨日の記事で書いたデジタルマイクは、丁度このような印象を持っていましたが、今回のマイクプリアンプとマイクのセットであれば、デジタル化をしなくても十分に欲しい音は、この機材で得られることを確信できました。 11月頭には、ホールレコーディングが予定されていますので、その折には活躍してくれること間違いありません。今から楽しみです。

#SPLエンドーサー

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va