• Furuya Hirotoshi

SPL Crescendoでドラムレコーディング


今最も熱いマイクプリアンプと言えば、SPL Crescendoです。ピアノにオーケストラをレコーディングし、そして今日はドラムのレコーディングでした。プロデュースしている楽曲を様々な形態で制作を進め、最終的にやはりライブドラムのサウンドを入れようという話になりました。今日は一気に作業を進め、ミキシング・マスタリングまでもを終えられました。こうしたワンストップでの制作というのは、海外では結構一般的です。また、最近はドラムバスのコンプレッサーをIGS Tubecoreで設定しており、非常に濃厚なサウンドを作り上げられ満足しています。勿論今日も大活躍でした。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va