• Furuya Hirotoshi

SPL が新たにリリースしたDAC – Mercury

やっとという感じですが、SPL社が新たにマスタリング向けのDACをリリースしてきました。この話自体は、もう2年半以上前から構想があり、ベルリンのマスタリングエンジニア、ポールの発案で120vテクノロジーをDACに用いるアイディアは上がっていました。実際に昨年末にSPL本社で音を聴いてきていますが、音像のリアリティとシャープさ、そして低音のタイトさというものは、次世代の名にふさわしいものを感じさせてくれます。ヨーロッパ側のエンドーサー達には、既に供給が始まっていて、提携スタジのベルギーのダン、ベルリンのポールには早々に手渡されていました。僕の方へは少し遅れ気味で話が上がってきましたが、エンドーサーモデルで不具合が続いたことでSPL社が少し時間をおいていたとのことです(ヨーロッパから見ると、日本はとてつもなく遠いので、修理交換に費用が掛かりますからね)。

サウンドのテイストとしては、既にヨーロッパではリリースされているDirector2よりもプロシューマー向けのサウンドテイストで、聴き比べもさせて貰いましたが、マスタリングで使用するにはMercuryの強烈なサウンドを上手くコントロールする方を選びたいと思いました。ただ、リスナーとして聴くのであれば少しテイストが強すぎて、やはり制作現場での使用を前提としていることをうかがわせます。

来月2月に当スタジオにも導入予定です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va