• Furuya Hirotoshi

SPLのフル構成で音を鳴らす – 到着から2日後

マスタリングコンソールを中心に、マスタリングルーターを用いて音を本格的に鳴らすところまで来ました。端的に言えば、これまでのマスタリングの常識を覆す内容です。音圧がとかEQがとかコンプ感とかとか、そういう次元の話ではありません。全てを超越して、音像そのものをガンガン触れます。一体どこまで行くのか・・・というほどの未来的なサウンドを容易に作れてしまいます。その上自分の発想力で楽音そのものを弄れてしまうので、今までの前提は無い方が理解しやすいかもしれません。

感想としては、個々の機材でサウンドを作るというよりは、コンソールを中心に一体で音像の大きさまでもを自在に調整できてしまうという感じです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va