• Furuya Hirotoshi

SPLからのシグナルフロー


マスタリング・シグナルフロー

スタジオアップデートにおけるシグナルフローを、ドイツのSPL社がプランニングしてきてくれました。この春に発表されたばかりのマスタリング機材を中心に、彼らの考えられる技術を結集してプランニングが組まれています。その証拠に、この中には先進の技術を用いるSPL社から、更には3機種ものプロトタイプが含まれており、このアップデートで間違いなく世界の中で最も進んだ音を作れるスタジオへと進化するはずです。世界の第一線で、しかもこういう形で彼らと共に真っ白い画用紙からスケッチするように、どういう音を作るか考案できるところまで来ることが出来ました。 年若いときから望んでいた景色であり、何かのプロジェクトで少しばかり海外アーティストと仕事をするとか、ツアーに参加するといった日本国内を基軸とした動きではなく、この流れは完全に国境を超えた視野から形成される世界のトップで繰り広げられる世界観です。日本発で世界の音楽市場で競争するのは、人脈や環境から考えて、既に当社の使命とも言うべき状況にまで至るようになりました。この良い流れをより昇華させて、次のステージへと進んでいきたいと思います。

#マスタリング

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va