• Furuya Hirotoshi

SonyハイレゾマイクC100

ソニーハイレゾ・レコーディングマイク

SonyのハイレゾマイクC100が、ステレオで導入されました。まだテスト段階でなんとも言えませんが、このマイクに僕が期待することは無色透明であること。Earthworksであれ、Braunerであれそれなりに最新鋭という意味での音色を持っています。しかもそれがかなり濃厚な色と来ているので、ガチャガチャに混ぜていくことは考えたくない・・・ そしてどちらかというと、Sonyにはミドルにおくというよりは、アンビエンスとしての立場を重要視しているので、それぞれの楽器に対して明確なコンセプトのようなものは必要ない・・・と思っています。基本的に色付けというものは、伝統ある欧米のメーカーに勝てるわけもなく、それよりはピシッとしたハイレゾを何の意見も持たずに録ってくれることもまた重要ではないかと思っています。 もちろんマイクやマイクプリアンプによる脚色を必要とする場合と、そうでない場合があるので、例えばストリングスを徹底的にクリーンサウンドで録るというときなどは向いているかもしれません。来週にはBraunerの新作が来るので、本当に楽しみ。秋に向けて仕事が増える中、こちら側も準備万端です。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va