• Furuya Hirotoshi

Sennheiser MKH8000シリーズ


ライブレコーディングと、オーケストラレコーディングに合わせて、新たなペンシル型のマイクを探していました。またドイツのメーカーに集約されたのですが、SchoepsとSennheiserが最終選考に残り、結局ベルリン・フィルでの実績もあり今回はSennheiserを入れることになりました。HKH8020 と HKH8040を双方ステレオでチョイスしましたが、親会社のNeumannとは全く異なった性格のマイクで、非常にワイドかつ緻密に音を構築することが出来ます。 今後の仕事のことを考えれば、ライブ及びオーケストラ以外の用途でも、多くのフィールドで活躍できることは間違いないはずです。クラシックピアノであれ、エレキギターであれ、どのみち最新とされるサウンドは、リアリティが重視される要素が強いですし、マスタリングまで行った折には、一つ一つの音の粒が非常に重要になる傾向なので、マスタリングから逆算しても、このマイクが今はベストソリューションと判断できました。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va