• Furuya Hirotoshi

Nevaton3Dマイク


最近のテーマであったアンビエンスのマイク、中々良いのが見つかりました。 NevatonのBPTというものです。勿論日本・アメリカでは無名の存在ですが、ザルツブルグ際のオフィシャルマイクとして採用されており、クラシックに置いては絶大な実績を既に残しているマイクになります。 映像を見る限りは、やはりクラシックに寄っているマイクのようで、僕のコンセプトからすればピタリと来る仕様です。また、ダイアフラムが3つ付いていて、サラウンド仕様のマイクのうち、フロント3本はこれで行けてしまう理屈になり、なんとも汎用性と芸術性を兼ね備えたマイクであると感じさせます。 最近アンビエンスにはSony C100の導入をステレオで行ったので、さらなる上を目指すとなると、また異なるコンセプトが必要になることは分かっていたので、ここまで振り切った形でリリースをしてくれると、こちらのモチベーションも上がります。 昨日までデジタルマイクを考えていたのですが、このマイクも考慮に入ってきました。それにしてもドイツのアイディア力や凄まじいです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va