• Furuya Hirotoshi

MMUTEC MC-3+USB with RFE10を導入。

MUTECのMC-3+USBとREF10を受け取りました。 外観のかっこよさに目を引かれますが、使ってみての感想としては溜息が出るほどの音を作り上げてきてくれます。完璧にルームチューニングされたスタジオ内にあって、その音の作り込みというものは信じられないほどのクォリティを誇っています。 最初は10Mhzを使用せずに、MC-3+USBをインターナルにセットし使用してみたところ、それなりの音質変化を感じ取ることはできました。その時点でもある程度の満足感というものは得られましたが、REF10から発せられる10Mhzと同期した瞬間、それはもう物凄い音を聞くことができました。どののマイクを使用し、どれ程の広さで録られた音なのか?或いはマイクと楽器の距離というものを、明確に感じ取ることができます。 単にクロックの同期という行為にもかかわらず、ここまで音というものが変化することはあるんですね・・・。話には聴いていましたから、それなりの変化はあると思ってはいましたが、ここまで露骨に変化すると、ケーブルであるとか電源であるとか、その辺りのものはオーソドックスであって欲しいとも思えます(以前凝りに凝りました)。 音楽を分析する、或いはリアリティというものを追求すれば、ワードクロックの存在橋には考えられないと思えるほどです。

#MC3USB #MUTEC #RFE10 #ワードクロック

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va