• Furuya Hirotoshi

MAGIX本社のインタビューに登場。


MAGIXのエンドーサーとして活動するようになった中、ドイツ・ベルリンの本社へお邪魔した際のインタビュー動画です。こうした世界的な形で本物の名誉ある扱いというものが、日本人でも可能なんだということを知ってもらいたいと感じています。常に音楽の世界では後進国の状態で、消費だけは旺盛で世界第2位の市場を持っているがゆえに、何とか世界の音楽文化にぶら下がってきた感のある国内のレベルですが、ここ最近は圧倒的な差というものを国内外で感じるようになりました。実際に国際エンドーサーという立場の日本人はあまり聞いたことがありませんし、メーカー側のマーケティング担当者も日本のことは良く知らないというケースが多い状況です。

僕の場合は、世界での実績が背景にあって、その上でエンドーサーという地位を与えられています。更に貪欲に多くのものを得ていきたいと思っています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

Eccentric Richard Claydermanを制作

プロジェクトは山のように溜まっていて、次はドイツ在住のイタリア系の新人女性歌手をプロデュース中です。国内も市場が動き出して、結構な数で案件を頂いていますが、やはり世界で売れる楽曲が至上命題となるとかなりの責任が伴いますので、正直なところ心が休まる暇がありません(笑)。そんな中、世界中のバンド仲間と面白い企画を立ち上げてみました。その名も「エキセントリック・リチャード・クレイダーマン」。もう誰もが知