• Furuya Hirotoshi

HEDDphoneとともに

ご無沙汰しております。アシスタントプロデューサー・サウンドエンジニアの加瀬です。

今日は、HEDD HEDDphoneについて、普段の音源制作においてどのような目的で僕が使用しているかという話を書きたいと思います。

会社スタジオでは、メインのモニタースピーカーとして、Kii Audio Kii Three + BXTを使用しており、このスピーカーは音を細部まで確認することができる、究極のモニタースピーカーであると思います。一方で、僕自身も個人環境としまして、自宅に作業環境を有しているところではありますが、Kii Threeをまだ導入することができておらず、同じ音を聴いたときの会社と自宅でのギャップというものが発生してしまっているというのが実際のところです。僕はそのギャップを埋めるためにHEDDphoneをSPL Phonitor2と組み合わせたものを使用しています。もちろん、体感的な部分における低音域の量感など、ヘッドホンで確認しづらい部分があるというのも事実ではありますが、弦楽器のアーティキュレーションから、楽曲全体の空気感まで、細部を見渡すことができる、とても優れたヘッドホンです。

日本においても、音響機器専門店やオーディオショップ等にて取り扱いが始まったようですけれども、どちらかと言うとオーディオ愛好家のほうに売れているような印象を持ちます。組み合わせるヘッドホンアンプにも依りますが、音源制作において相当な力を発揮できる機種かと思いますので、候補のうちの一つに入れてみてはいかがでしょうか。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va