• Furuya Hirotoshi

Ferrofish A32 DANTEを導入

ライブレコーディングを更に進化させる形で、Ferrofish A32 DANTEを導入しました。この機材は、昨今ライブ会場でミキサー音源から音声を抽出できるDANTEとMADI端子を持ち合わせており、尚且ADATにも32ch対応しています。それぞれのデジタル端子へのルーティングを可能にすると共に、高品質のAD/DAコンバーターを32ch持ち合わせており、その汎用性の高さからライブレコーディングにはうってつけの機材と言えます。グラミー賞授賞式でも使用される実績を持ち合わせており、当スタジオではなるべくスプリッターを噛ませ、レコーディング用のマイクプリアンプを使用し、最高品質の音源収録を目指しています。A32DANTEの導入により、当スタジオでは64chのAD/DAコンバーターを有することとなり、多チャンネル化するライブレコーディングにより柔軟に対応できるシステムの構築を行っています。

マイクプリアンプはSPL社が新たに発表したCrescendo(https://spl.audio/studio/crescendo/?lang=en)を用い、世界最先端の音のソリューションに接する機会を国内で提供しています。

#FerrofishA32DANTE #ライブレコーディング #多チャンネル

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va

IGS Audio社製品の参考展示について

IGS Audio社の輸入代理店業務を担当しております、加瀬です。 この度、宮地楽器RPM様の店頭にて、IGS Audioの以下の3機種を参考展示して頂くこととなりました。普段の音楽制作において、実際に使っている機材であることから、様々なノウハウ・使用例とともにお届けできるかと思います。参考までに、各機種の特徴を説明いたします。 1)Tubecore 500 – モノラル仕様Vari-muタイプ真