• Furuya Hirotoshi

Die Denakzと3作目を共作


ドイツのクライアント、Die Denakzと共作した楽曲が10月26日に発表になります。今回の作品も、物凄い勢いで再生回数を稼ぐのでしょうか。とても楽しみです。 今回はリーダーのステファンに、多くのミキシング・マスタリングのバージョンを送り、その中から彼の好みに合ったものをチョイスしたとのことなので、正直なところどれなのかは今の所いま一つ分かりませんが、デモの映像を見る限りは音とよくコラボレーションできてそうで、取り敢えず今回も僕の役目は果たせたということで一安心しています。 世界中のクライアントと、仕事をしたいという話をよく仲間内からされますが、もしやりたいのであれば日本でのキャリアと価値観をすべて捨てて、世界へ出る覚悟が必要になるかと思います。先ず日本での活動というものは、世界では殆評価されないということ、また国内のアーティストは殆海外では無名ですので、ドメスティックにやっていたのであれば尚更劣勢かと思います。 そして日本で作られる音は、完全に捨て去る必要があります。レンジが狭く、真ん中に集まるようなサウンドでは、欧米では全く通用しません。良い音を求めれば求めるほどに、日本からどんどんと価値観については離れる必要があります。それくらい、世界の舞台では国内の音楽事情に対しては厳しい現状が待っています。 ヨーロッパでリリースされる参加楽曲の喜びとともに、少しだけ世界に出るための音作りについて書いてみました。

#マスタリング

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va