• Furuya Hirotoshi

Bettermaker 刷新されたマスタリングEQ


ヨーロッパが、また新たな考え方で素晴らしいスタジオ機材をリリースしてきてくれました。どうしてこういった考え方ができるのか分かりませんが、4バンドのパラメトリックEQとハイパスフィルター、それにプルテックEQを一挙に詰め込んだ機材です。Bettermakerも本国エンドーサーなので、このマスタリングEQの存在はインタビューを受けているMarek CEOから随分前に聞かされていました。しかし、存在は聞いていたとしても、彼らの考える先の先というものはこちらも想像するに難しく、余りに先進性が強すぎるがゆえに度肝を抜かれる感覚です。 まあ、この機材に関しても、リミッターと同じく恐らくは世界を席巻することになるのでしょう。機能として注目すべきは、ノブで操作するには機能の多すぎる内容を、タッチパネルに収めてしまうことで、全て解決してしまうところは工学に強いポーランドならではという感じもします。音に関しては、これまでにも既に2機種を導入済みの状況なので、凡その検討はつきます。elysiaとはまた一味違うHi-Fiサウンドで、更に精錬した音なのですが、若干線が細くなる印象もあるので、そこは使い分けという感じになるのではないでしょうか。そして、何と言ってもBettermakerの大きな利点としては、機材をUSBケーブルで繋ぎプラグインから遠隔操作できることです。これがどれほどの素晴らしい機能かは、使ってみた人にだけ分ける便利さであると思います。 機材が増えてくると、マスタリングデスクに入り切らないほどのEQやコンプレッサーが山積みになるので、他のラックに移したいのですが、マスタリングの場合手元に機材がないと不便・・・そんなときは、プラグインで機材のコントロールを行えるという利点は、極端な話スタジオの何処かに設置されていれば何ら不自由しないということで、非常に強力な武器になってくれます。この機材も既にMarekと導入の話し合いを行っているので、夏までには使用できる状態に持ち込みたいと思っています。

#Bettermaker #マスタリング

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va