• Furuya Hirotoshi

3種類のパッシブEQ

今日のマスタリングは、パッシブEQを積極的に用いました。3種類のEQの種類を持ち合わせる理由としては、同じ種別のパッシブ系だとしても、全く音色や利き方が異なるので楽曲によって使い分けたり、或いはブーストはある機種で用いカットは別の機材で行ったりと、使い方は様々です。これはパッシブに限らずに、パラメトリックでも同じような用い方をしますし、M/Sの役目も自由自在です。コンプレッサーも複数ある機材がどちらで通常の用い方をし、M/Sの役目をするのか・・・或いはリミッターでM/Sを利かすのか・・・などなど選択肢が無数にありますが、収まるポイントというのはかなり狭く、意外とこの辺り・・・という場所以外はハズレのサウンドがするので、狭きそのポイントを探すのはかなり慣れが必要な作業でもあります。

例えば今日は、3種類のパッシブEQを以下のように使いました。IGS Audioは低音のブーストとカットに用い、中高音は何も弄らず、SPLで基本的なカット、中音域のブースト、高音域のブースト、そしてBettermakerで中高音のカット・・・こんな使い方をします。これは楽曲によって毎回違うパターンで用いるものなので、一概に『これ』という定型のものはありません。毎回試行錯誤しながら纏めて行く・・・そんな感じです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va