• Furuya Hirotoshi

音圧戦争は、まだまだ続く

音圧戦争についての議論は多々ありますが、実情としてはまだまだ音圧を求める傾向というものは根強くあります。特にロックやダンス系の楽曲などには、強い音圧を求める傾向が顕著にみられますが、最近ではクラシックの分野でも強いコンプレッサーから求められる音質を求められることもあります。意外とも言えるクラシックやジャズの世界でも一定の音圧は求められますし、それよりもハードな楽曲の印象が付きまとうジャンルでは、更に強く楽曲を彩る必要が出てきます。

音圧以外にも鮮烈な音色を作り手法というものはありますが、Bettermaker Limterに代表されるように、ハードギアのリミッティングを強力に用いたマスタリングというものは、どうしてもクライアントたちの心を掴んで離しません。

マスタリングのプロセスというものは山ほどありますし、特にうちのスタジオのように機材が多いシチュエーションでは、機材の選択そのものがエンジニア側の能力であり才能でもあります。如何に組み合わせるか・・・というところで考えるのであれば、当スタジオでは500シリーズが目一杯詰め込まれたSSL-XL DESKだけでも、凡そのマスタリングはできてしまいますし、それこそ音圧を求められない楽曲であれば、むしろ500シリーズの繊細なヘッドルームで楽曲を完成させた方が美しく仕上がることもあります。事のつまりは楽曲との相性であって、何処まで行っても回答のない世界であることを思い知らされます。

逆に言うと、この記事の主題である『音圧戦争』を勝ち残るための音は、500シリーズの機材群はあまり向きません。簡単に言えば、幾らハードギアとはいっても、現代の強力な音圧の掛かる楽曲には繊細なヘッドルームで臨めるほどマスタリングは簡単ではないですし、同時にプラグインではどうにもならないこともお分かりいただけるかと思います。

少し横道にそれましたが、結局のところ機材を選ぶほどに音圧戦争は激化している面もあり、強力な音圧を如何に美しく聴かせるかという方向性へシフトしてきている側面もあります。特にロスアンゼルス辺りのスタジオと競合すると、正に双方で音の圧力を競うようなコンペになることも頻繁です。

#マスタリング #音圧 #音圧戦争

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va