• Furuya Hirotoshi

生き物であるスタインウェイピアノ

スタンウェイ・グランドピアノの不思議というのは、何時も感じることなのですが、まさにその音色の変化は生き物のようです。顕著に感じられる変化としては、一定期間放置されているのか?若しくは、徹底的に弾き込まれており、常に稼働しているピアノなのかによって、明らかに音色・パワーは異なります。どちらが良いのかという話になりますが、ピアノの消耗は激しいのですが、圧倒的に弾かれているピアノが音色・パワーともに素晴らしいものが有ります。特に、この一定数弾かれているピアノを、丹念に調整した際の音色というものは、何にも代えがたい濃密な音作りが可能となり、スタインウェイピアノならではの魅力を存分に発揮してくれます。 よく、ハンマーはすり減り、ウィペンも疲れてしまい、どういう形で手を入れていくのか模索中というピアノにも出会いますが、各パーツは疲れていても、ピアノの心臓部となる響板は元気そのものです。見た目だけ綺麗で、音が全くこれから、若しくは既に可能性を失ってしまっているピアノというのは、音色が立ってくるまでにやたら時間を要したり、若しくはパワーを失い今後輝くことは想定しにくい場合もあります。 放置して置かれたら、どんな生き物もスネてしまうように、ピアノもまるで生きているかのように反応します。

#スタインウェイ

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va