• Furuya Hirotoshi

新しくブログをサイト内にオープンしました。


ブログをこのページに設置してみました。 今後日々の活動を、ご紹介できればと思います。さて、お正月から少し経ちましたが、スタジオ並びに個々の活動はお陰様で非常に活発です。年末年始はドイツ、オランダ、ベルギー、ポーランドと回って帰国したかと思えば、怒涛のレコーディングの仕事をいただき、その上急遽アメリカから12月29日にミキシング・マスタリングをしたいということで、ソルトレイクからお客様が来たりで大忙しでした。 また、昨月帰国したのが遥か遠くの記憶で、余りにスケジュールが激しかったので、正直なところ余り記憶が定かではありません(笑)。それほどに仕事を頂戴できているというのは、何よりもの喜びですし、皆様からご支持をいただき幸せな気持ちでいっぱいです。 またここ1週間で、僕のスタジオにおける広報活動として、Facebook Page(こちらからどうぞ⇒Hiro’s Mixing & Mastering Studio)を開設しました。たった1週間で、4000以上のフォロワーに恵まれて、世界中に情報を発信しています。勿論日本語対応もしますが、基本的に世界に向けての情報発信を行っているので、記事は全て英語になります。ミキシング・マスタリングについては、今後ブログでもさらに扱っていきますが、現在の世界で行われるかなりの大多数が、オンラインで仕事を受発注することが多く、僕も大いにその手法を取り入れています。そのような事情から、ここ日本で遠く離れた南米やヨーロッパにまで、クライアントへ音源を納品することが可能なのです。 ちなみに、昨日 Facebookにアップしたマスタリング前・後の参考音源が、一部のヨーロッパ人(オーストリアのマスタリングスタジオ)の間で難色を示されて、厳しいコメントを貰いましたが、ここまでグローバルにやれることについて、1つの手応えを感じてもいます。 また次回、さらに詳細を書いていければと思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va