• Furuya Hirotoshi

可能性を探し求める

様々な業務を行いますが、自分の全てを取りまとめると、プロデューサーという立ち位置での仕事になります。その中には、アーティストの発掘も含まれており、最近の動向からするとデビューをさせるという形ではなく、商業音楽の中で如何に泳いでもらうことが出来るのか?という人材を探しています。特に作曲・編曲に関しては需要が多く、海外も含めてアーティストとの提携は常に行い続けています。 今日はそうした業務の中で、日本のポップスアーティストを探し当てることが出来たのですが、様々な音楽を聞かせてもらった中で、最も彼ら自身の為に書いた曲がドンピシャで将来性を感じました。自分も経験したことですが、アーティストというのが自らプロモーションするのは大変で、どういう形でバックアップを得られるかがアーティスト活動の最重要事項の1つともなりえます。人生を共にするところもありますので、こちら側の責任も重大であり、またクライアントも居ることで、双方の立ち位置を最大限に作り出せることが、プロデューサーの手腕ともいうべきところがあります。 今後彼らとの仕事が、とても楽しみです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va