• Furuya Hirotoshi

制作したミュージックビデオ


ここ最近かながわアートホールでのレコーディングを企画することが多く、このミュージックビデオを思い出しました。美大生にカメラワークを頼み、様々な若い斬新なアイディアを出してもらい、この映像が出来上がりました。僕は圧倒的にグランドピアノのレコーディングが得意で、初めてプロデュースしたのも、ミュージックビデオを制作したのもピアノ曲で、結局全ての面においてピアノを弾く以外のことは、一通りこなすことが出来るがゆえに、レコーディングされる音源もピアノが得意ということなのかと思います。 ただし、この頃のマイキングといい、全体の雰囲といい、何とも青い雰囲気を自らに感じます。今では絶対にやらないであろうマイキングを用いて、何とか良い音色を録ろうとしていることがわかりますが、Earthworksがピアノマイクを出してきたことで、全て解決してしまいましたし、アンビエンスのマイクも、今では「これ」というものを見つけて、豊かな響きを捕らえることが出来るようになっています。そもそも、ちょっとマイク本数が無駄に多すぎるかな・・・とも思います(笑)。 かすかな記憶では、Recした全てのマイク音源を使用したわけではなく、その中から厳選したはずです。ある意味、試行錯誤をしていた時期ではあるのですが、明確に 「自分はこういう音を録りたい」 というビジョンだけは持ち合わせていたかと思います。何をやるにも、ビジョンは最も大切で、根幹となるレコーディングされた音源に対し、アコースティック楽器の中でも大様と言えるピアノを、最初に1つの指標に出来たことが、今日の仕事に繋がっているようにも思えます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va