• Furuya Hirotoshi

使えば使うほど、その良さが分かる機材

今日3回目のブログアップです。自分の活動を日記として記録しておく意味も兼ねて、サイト内に作ったブログですが、当社の業務内容そのままに、かなり凝縮されたペースで記事を毎日アップさせて頂いています。 さて、今回はスタジオ機材の件です。写真はSSL XL-DESKですが、ステムマスタリングを行う際にも利用でき、非常に重宝しています。レコーディングやミキシングの折に使用することは大前提ですが、マスタリングまでをコンソールで行うことが出来るというのは、何よりもの強味です。そして、そのコンソールにビルドインされている、elysiaやBettermaker、そしてIGSなどの機材は、使う度にその素晴らしい音を再確認させられます。何故複数のイコライザーが必要なのか?何故様々なコンプレッサーが市場にはあり、何故それぞれ目的に合わせて機種を選ぶのか?という疑問は誰でも持つものですが、それにはそれぞれの思想があり、端的に言えば音色が異なるからです。そして良い機材というものほど、その素晴らしき音色を奏でてくれ、感動的な楽曲制作を可能としてくれます。 今夜はMaster Busに、IGS AudioのEQをセットアップして使用しましたが、それはもう素晴らしい低音を奏でてくれ、この機材でしか出せない重いキック、ベース音を演出することが出来ます。他のプルテックEQでは、出そうで出ないこのサウンド・・・強力な哲学を感じることが出来、その思想の素晴らしさを再確認させられた夜でした。

#ミキシング

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va