• Furuya Hirotoshi

仮ミキシング・マスタリング

ここ数日間レコーディングしていた、オペラ・アリア曲の仮ミキシング・マスタリングを行っています。余りに素晴らしい出来で、涙が出るほどの歌声です。歌唱の素晴らしさもありますが、それ以上にこれまで歌手が通ってきた道を感じさせるストーリーが有り、その明確な道筋というものに対して、大きな感動を覚えました。リリースするまでには、まだまだ時間的に必要とするものが多い状況ですが、先ずはここまで来ることが出来たという実感もあります。 また、これまでに拘ってきたピアノレコーディングが、これ以上無いほどの美しさを誇っており、新国立劇場の指揮者から、東京芸術大学で教鞭を執るピアニストまでに聴いてもらい、感想を得ることで、今回の作品がどれ程革新的であり斬新であるかというという裏付けを取れています。 更に今回の作品を通し感じることとしては、新たなものに対しての挑戦という意味で、そのリスクを怖がらないで攻める気持ちが、どれ程に関係者一同共有されているかが重要であることを再確認させられました。単なる挑戦という漠然としたものではなく、明確で強力な哲学を背景に、最優秀の人材達が集まり、一方向を向くことほど強いことはありません。今回はこれまでとはまた違う、より強い団結力というものを、制作の過程から探し当てることが出来ています。 音楽業界に対して、明確に革新的と言える作品が仕上がることでしょう。

#マスタリング #ミキシング

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va