• Furuya Hirotoshi

今日はギリシャからピアノのレコーディング依頼

ピアノレコーディング ソニーマイクC100

今日はギリシャから、ピアノのワントラックレコーディングの依頼です。簡単に言えば、ProToolsでセッションファイルを送ってきて貰い、そこにうちのスタジオのピアニストがオーバーダビングするという案件です。こういう仕事していても思うことなのですが、既に世界中のアーティストとはオンラインでリアルタイムに繋がれていて、物凄く気軽に国際的な楽曲制作というものが可能になったと感じます。

以前経験したことがあるのは、イギリスのプロデューサーとLAのギタリスト、それに僕でプロジェクトをこなしたこともありました。最近のProToolsにもオンライン機能でプロジェクトを共有する仕組みはできていますし、Avidの用意するサーバーでなくてもお互い本当に簡単な形で共有化を可能とするインフラが本当に整っています。

因みに今日のマイクはEarthworks PM40とSony C100です。BraunerやSennheiserも考えたのですが、SPL社のCrescendoでレコーディングすると音像が大きく、存在感があり過ぎてスタジオでは扱いきれなくなるので、味の薄いSonyで纏めてみました。BraunerとCrescendoのコンビだと、スタジオではマイク2本で十分という感じもありますし、Sennheiserもそういう感があります。

こういう仕事の方法もあるということで、国内でもオンラインのやり取りが活発になるといいな・・・と思っています。近々新しいページを作り、ワントラックレコーディングの仕組みを作って行きたいとも考えています。

#レコーディングSonyC100EarthwrksPM40 #SPLCrescendo #エンドーサー #ピアノ #ピアノレコーディング

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va