• Furuya Hirotoshi

今新たなステージに突入してのエンドーサー契約の意味。

今当スタジオの業務というものが急拡大しています。音楽プロダクションとしての成長はもとよりも、世界中の様々な音楽シーンにおいてプロデュースという楽曲の根幹をなす責任者としての仕事が急増しています。これはこれまで積み重ねてきた様々なシーンでの実績が裏付けとなり、CM音楽からアルバムつくりにおける楽曲の方向性やブッキング、各アーティストの演奏におけるディレクションまでを請け負っています。

そうした中でSNSを始めとして、メーカーや関係各所に自分たちの活動が目に留まり、エンドーサーとして指名されるというのは何よりも名誉なことです。特に最近はリリース作品が連発しており、そうした作品を紹介する中、そのサウンドを聴いたうえでCEO自らお声をかけて頂けるというのは世界に認められる一つの目安であると感じています。

昨日エンドーサーの話を頂いたのも、日本時間では夜中に差し掛かるころで、ヨーロッパ時間では夕方でしょうか・・・急にメッセンジャーへ『当社の製品に興味はあるか?エンドーサーとして指名する用意がある。検討してみてくれ』という趣旨の文面が届きました。間違いなく彼はこちらの活動を目にしているわけで、SPLやelysia、Braunerといったデュッセルドルフを中心としたメーカーたちと仲の良い光景も目にしていたことと思います。

参加作品のクォリティがワールドクラスにおいてトップクラスとして通用すること、そしてエンドーサーに何が求められているのかを理解してこそ、こうしたお声というものを掛けて頂けるとかと思います。若くて何とかして世界に出たいという時期も終わり、世界は常に自分たちの作品を見ているという認識の上に立った活動が必要となった上で、更にその世界観を深めて行くというステップに入ったと感じています。より本業を深化していく意味でも、これからの活動というものが何よりも重要ということを心して感じています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

Eccentric Richard Claydermanを制作

プロジェクトは山のように溜まっていて、次はドイツ在住のイタリア系の新人女性歌手をプロデュース中です。国内も市場が動き出して、結構な数で案件を頂いていますが、やはり世界で売れる楽曲が至上命題となるとかなりの責任が伴いますので、正直なところ心が休まる暇がありません(笑)。そんな中、世界中のバンド仲間と面白い企画を立ち上げてみました。その名も「エキセントリック・リチャード・クレイダーマン」。もう誰もが知