• Furuya Hirotoshi

レコーディング マイクプリアンプが音質を変える

スタインウェイ中古グランドピアノをレコーディング

午後からレコーディングのため、準備中です。 今回も使用するのは、真空管マイクプリアンプ。IGSの機材は、ワームで如何にも真空管という音が特徴的です。今回のレコーディングは昨年から続いており、マイクとマイクプリアンプのセットは、アーティスト側に幾つか有るマイクとプリアンプのセットを聴き比べてもらい、最も理想と思えるシグナルフローを共に考えた経緯があります。 コンソールに元々付いている、SSLのマイクプリアンプは、『最も面白くない』と評しており、ハイレゾ用のマイクプリも試した後に、この真空管に行き着きました。 スタインウェイやボールドウィンなどの、グランドピアノにおけるレコーディングでも、ミドルやアンビエンスに使用すると、非常に濃厚な音が録れるので、重宝しています。 今日も良い作品が録れることでしょう。楽しみです。

#ミキシング

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va