• Furuya Hirotoshi

ルームチューニングのページを作成。

ルームチューニング

ルームチューニングのページを作成してみました。 ルームチューニング

ミキシング・マスタリングスタジオを運営していくにあたり、アビーロード・スタジオをコンサルティングしている、ロンドンのTom Lewisにトレーニングしてもらい、ルームチューニングを自らで行ったのが始まりでした。 やはり音のことについて、欧米は本場と言えるような機材が多く、この折に使用したボードも国内のものとは雲嶺の差と言えるほどの効果を発揮するとともに、効きが強いからこそ如何に音楽的に仕上げていくかも重要なポイントだと感じています。これまでに自らが感じてきた国内の音響設計というものは、実際に音を聴いてみて、 『違うのかもしれない・・・そうなのかな・・・』 と思えるほど効果が薄く、釈然としない理論を聞かされてきたのですが、やはり音楽を自ら奏で、実際に音を扱う人間が部屋にチューニングを施すことこそが、本来の姿ではないかという提案型のサービスを展開したとも言えます。 写真は当社のスタジオに、ロンドンから購入したボードを貼ったものですが、黒の壁紙にホワイトのボードという、非常にアグレッシブな選択をしてみました。 コンセプトなどは、本文をお読みいただければと思います。価格表も、近々出すように致します。

#ルームチューニング

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va