• Furuya Hirotoshi

ライブレコーディング32chの構成

ライブレコーディング機材

ライブレコーディングにおける、ベースの32chを組み上げました。 ベースというのは、拘りのマイクプリアンプを駆使してのレコーディングは、この後に構成する32chに集約される形で組み上げたいと思っています。それが例えばSPLのCrescendoであったり、その他当社の得意とする世界最先端のサウンドというものを実現してくれる機材を集めたいと思っています。 しかし、何もかもが強烈な個性を放っていればよいかと言えばそんなことはなく、無難にまとめてくれることを望むようなパートもあることは事実です。バンド全体の構成、楽曲全体を把握しながらマイクプリアンプを決めていくという作業は、私たちにとっても非常に面白い工程の一つでもあります。そもそもが機材好きの人間たちなので、その辺りは非常に凝れるところかと思います。 今回組んだベースメントの機材は、Antelope MP32をマイクプリアンプとして用い、特にオーケストラなどを流麗にレコーディングするには、非常に向いている機材です。 そうした細かくも美しい繊細な音をキャプチャーできる機材をまずはベースに置き、ここを起点として更に個性的な音を放つ機材で纏めていきたいと思います。

#ライブレコーディング

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va