• Furuya Hirotoshi

ヨーロッパ各地を回った活動を纏めました。

凡そ200kmでアウトバーンを走行中のメルセデスから。


シリーズで書いてきました、ヨーロッパ各地を回っての活動を纏めました。2000kmを走破し駆け巡ったその凝縮された経験というものは、何にも代え難いものとなりました。それぞれの出来事に思い出があり、自らの心の奥底に影響を与え今日のスタジオワークに活かされています。

お楽しみいただきながら、お読み頂ければ幸いです。

1. ヨーロッパの旅 elysia

2. 恋焦がれた Brauner Microphone

3. ベルギーのマスタリングエンジニアで、SPLのエンドーサーとして同僚のDan D’Ascenzonoのスタジオにて

4. SPL (Sound Performance Lab) にて

5. ヨーロッパの旅オランダ・アムステルダム – Vacuvox と Abby Road Institute in Amsterdam 

6. ニュルンベルグ – Iglのスタジオへ –

7. ヨーロッパの旅 カールスルーエ – ホルストのスタインウェイハウス

8. ウィーンにてハロルドと共に – STEINWAY in Austria –

9. ウィーンフィルハーモニー 専属のレコーディングエンジニア – ゲオルグ・ブードセックと共に

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

Eccentric Richard Claydermanを制作

プロジェクトは山のように溜まっていて、次はドイツ在住のイタリア系の新人女性歌手をプロデュース中です。国内も市場が動き出して、結構な数で案件を頂いていますが、やはり世界で売れる楽曲が至上命題となるとかなりの責任が伴いますので、正直なところ心が休まる暇がありません(笑)。そんな中、世界中のバンド仲間と面白い企画を立ち上げてみました。その名も「エキセントリック・リチャード・クレイダーマン」。もう誰もが知