• Furuya Hirotoshi

ミキシング・マスタリング、リコールソフト

ハードギアのヘビーユーザーには、最も重しとなる作業がリコールです。写真を撮ったり、メモを取ったり、様々な形でその折のセッティングを残すのですが、デジタルドメインに生きている昨今、紙媒体というのは先ずNG。。。そして写真で保存というのも、余り効率の良いやり方ではありません。一度これらリコールの記録がなくなれば、それはもう大変なことになります。 自分で作った音でありながら、音からセッティングを導いていくために、ほぼ復元は不可能という状況に陥ります。次から次に入ってくる仕事の中、リ・テクをものすごい数で求められたりする場合には、もう大変なことになります。それが嫌で、プラグインに移行したり・・・という人も居るようですが、僕の場合は断固アナログで音を作り上げることに拘ります。プラグインで作り上げられた音というのは、一発で聴き分けがきくほどにか細いものがありますし、アナログでなければ絶対に出ない熱量というものがあります。 海外からの受注を目指すのであれば、アナログギアで大半を締めない限りは、その音を作り上げることは先ず無理でしょう。もうこれは断言できます。ワールドレベルは、プラグインで音を作り上げられるほど甘くはありません。 ウンチク云々で申し訳なかったのですが、結局アナログ派の僕としては、リコールに頭を悩ませていたところに、素晴らしいソフトウェアが販売されており、今日導入に至りました。いやー、素晴らしい。デジタルですべての情報がまかなえる、正に好みの仕様です。フランスのメーカーらしいのですが、Facebookでサポートをお願いしたところ、チャットで対応してくれました。この辺りも魅力のうちの一つかもしれません。そして何と言っても美しいそのグラフィック。 プロジェクトごとに仕分けも出来るので、正にベストソリューションという代物です。ラインナップにない機材は、話を持ちかけると対応してくれます。こういうところも、ヨーロッパならでは。

#マスタリング

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va