• Furuya Hirotoshi

ポーランドのピアニスト、ミハウと共に。

新年の最初のお客様は、ポーランドのピアニスト・ミハウと共にお食事でした。すぐに意気投合しましたが、特に音楽の制作については同じ意見を持ち合わせる仲となりました。この辺りのフィーリングというものが音楽制作には最も重要ですが、形を一緒に作っていく考え方みたいなものが同じ方向性を向けないと、中々難しいことが多いものです。これまでの経験も踏まえ、彼とは今後様々な領域で仕事を一緒にしていければと思っています。

因みにピアニストといってもジャンルが様々にありますが、彼の場合はクラッシックをメインにしながらもジャズを演奏するということで、僕がいつも仕事をしているサンクトペテルブルグのストリングスセクションとのコラボレーション・プロデュースを考えているようでした。まさに音楽の世界は、完全にワールドワイドになったと言えます。

こちらとしても色々とプランニングできる内容が考慮でき、目指すポイントも高いものになっていきます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va