• Furuya Hirotoshi

ボールドウィンのフルコンサート・グランドピアノ

これからレコーディングです。 昨年の夏にピアノを録り、その後に何度か歌のレコーディングを繰り返しています。素晴らしい作品を作るには、やはり多くの時間も必要になるということでしょう。ピアノレコーディングの折に使用したのが、Baldwinというピアノで、日本では余り聴かれないメーカーのピアノですが、創業は大凡スタインウェイ社と同じくらいの時期に設立されており、アメリカではスタインウェイと勢力を二分する存在でした。スタインウェイが1971年に買収されたように、ボールドウィンも1980年台にギブソンに買収され、生産拠点を中国に移してしまいました。そこから大きくピアノメーカーとしての立ち位置を変えてしまったようです。 当方に置かれているボールドウィンは、アメリカで生産されていた最終型、そしてニューヨークの名門スタジオ、ヒットファクトリーに設置されていたという曰く付きのピアノです。ビリー・ジョエルがこのピアノを好み、よく弾いていたという話を聞いています。 ピアニストたちの反応もまた興味深いものが有り、 『何これ』 と質問をされるほど、鮮烈な音とタッチだったようです。 今日はなんと192kHzで収録されたピアノ音に、声録りをオーバーダビングで行うという、中々現代の技術を結集しても出来ない荒業をこなす予定です。前回も前々回も、普通にコンピューターは動作しやりこなしてしまっていたので、今回も問題ないはずです。ProToolsならば難しいこの案件も、うちでメインDAWとして使用しているSEQUOIAならば難なく動いてくれます。 さて、スタジオに入ります!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スタインウェイ・グランドピアノ中古L型入荷

本日成田空港に到着したばかりなので、写真の用意ができませんでしたが、スタインウェイ・グランドピアノ中古L型が到着しました。今回の便は、1968年製の艶消しブラック480万円になります。また、次期の輸入ピアノも決まっており、スタインウェイ・グランドピアノのB型1987年製が入荷予定です。今回もスタインウェイ本社で黄金時代を支えた、Ken Eshetの手による調整で、DHLにて半導体をも輸送できるク