• Furuya Hirotoshi

プロデューサーの役目

プロデューサーというと、予算編成からそのアーティストをどういうキャラクターで売り出すかなど、プロモーションやビジネスの側面が強いように思えますが、僕が思うのはやはり楽曲を制作するうえで何よりも重要だと思えることは、アーティストにそれまで見たことのない新たな境地と景色を見て貰うことだと感じています。どういう手法で新たな境地・形式を見て貰うのか?という方法論は勿論様々にありますが、自分の場合は世界的な人たちのレベルというものを肌身で感じてもらうために、ガンガン世界中のアーティストたちを起用します。そして参加アーティストたちに対しては、自発的なアイディアや意見を多数言ってもらい、その楽曲に新たな息吹を吹き込んでもらいます。新たな表現者が加入することで、それまでとは全く違った表情を持つ楽曲になったり、新たな発見をするということは多々ある事です。

しかもそれが、考えられないくらいの人物が参加アーティストであったらどうでしょうか?エルトン・ジョンのドラムを叩くそのクォリティで、自らの楽曲に参加してもらい、更には彼の意見でリズムにも新たな変化が生まれるとしたら、どんな景色が待っているか想像つくでしょうか?

そんな夢のような音楽プロダクションを実現し、一枚のアルバムに凝縮する・・・それは間違いなく良いものが出来るに決まっているようなプロセスですが、思われるほど簡単ではないことも事実です。超一流が参加したからと言って、超一流の楽曲が出来上がるわけではありません。そこにどういうエッセンスを加えて、双方の個性を如何に引き出すかで完成度というものが一段と高まります。

最近のプロデューサー業でふと感じたことを書いてみました。

#音楽プロデューサー

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

Eccentric Richard Claydermanを制作

プロジェクトは山のように溜まっていて、次はドイツ在住のイタリア系の新人女性歌手をプロデュース中です。国内も市場が動き出して、結構な数で案件を頂いていますが、やはり世界で売れる楽曲が至上命題となるとかなりの責任が伴いますので、正直なところ心が休まる暇がありません(笑)。そんな中、世界中のバンド仲間と面白い企画を立ち上げてみました。その名も「エキセントリック・リチャード・クレイダーマン」。もう誰もが知