• Furuya Hirotoshi

ピアノレコーディング(かながわアートホール)

ピアノレコーディングにおけるワンシーン


昨日は、かながわアートホールにてピアノのレコーディングでした。約1年間にわたり、様々なセッティングを試行錯誤しながら探し、クライアント様と納得のサウンドを探し当て本格的に作品へ集中できる所まで来たかと思います。マイクやマイクプリアンプ、ADコンバーター、ワードクロック、ありとあらゆる条件をクライアント様と考え、様々な厚み有るフィードバックを構築することで、やっと理想の音を現実のものに出来たという充実感で、今日は安堵しています。

ピアノレコーディング・スナップ


マイク位置なども、約3回のレコーディングを経てやっと行き着いた感のあるポイントを探し当てられました。マイクの種類、マイクプリアンプとの相性なども踏まえ、

『何を良いとするのか?』

という価値観の共有まで話を掘り下げ、より多くのケース・スタディを得ることで、感性型の音を得ることが出来ました。

MUTECワードクロックを使用


前々回から用いている、MUTECのワードクロック。クロック精度の向上により、原音を一箇所に集中してキャプチャーできるので、非常に効率的な集音を可能とします。ホールレコーディングでは、ブレてしまう低音の音質においても、非常に塊感の有る音を収録できたと感じています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va