• Furuya Hirotoshi

ピアノの音色を共感する

ピアニストとして、ピアノ輸入貿易業務を通し、毎日毎日ピアノの音に接している身ですが、心底ピアノの音色の美しさに感動します。と言っても、どのピアノにでも感動するわけではなく、自分自身がアメリカやヨーロッパから輸入し、社内にて音色を創り上げたものに関してではありますが。

ピアノをご試弾にいらして頂くお客様と接する機会を多くいただいておりますが、本当に皆様、よく音を聴き分けられ、こんなに綺麗な音のピアノを初めて聴いたと仰ってくださいます。明らかに音の作りが異なると感じて下さり、試弾して10分程度で気に入ってご購入される方もおられるくらいですが、私としては、この美しい音色を共感できること自体が非常に嬉しい瞬間です。

様々な音楽施設で演奏してきましたが、日本で演奏されているピアノは、まだまだ発展途上のものが多く感じます。日本全国に、たった一音でも感動を伝えられるようなピアノをご提供していきたいとの所存でございます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va