• Furuya Hirotoshi

ドイツ製のケーブル

ドイツからのケーブル

アップデート続きで、不足するのがケーブルです。様々に検証しましたが、うちのスタジオの場合は兎に角癖のない音であることが、最もマッチしているであろうということで、このDsubケーブルをチョイスしました。完全に検証ができているわけではありませんが、作りはこれまで手にしたケーブルの中でダントツに良いと言えるでしょう。もっとも、ケーブルに心血を注ぐのは馬鹿馬鹿しいというスタンスであることは大前提ですが、変にトリッキーなことをするケーブルに比べれば、安定感抜群の代物を選び出すことで、味の濃いプロセッサーを多数所有する当スタジオとしては、当然落ち着く場所と言えるでしょう。

兎に角コネクター類の出来と、ケーブル一本一本のクォリティが圧倒的に高く、こういうところからも長年通電させたときの性能というものに安心感を与えます。明日か明後日に本格的な形で音を出してみたいと思っています。EQやコンプレッサーが帰ってくるので、どういう音になるのか本当に楽しみです。

#ケーブル #マスタリング #ミキシング #高音質

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va