• Furuya Hirotoshi

スタンウェイ・グランドピアノ納品

スタインウェイ・グランドピアノ中古

昨日は、夜にスタインウェイ・グランドピアノ L型の納品でした。 今回のピアノもボストンから送ってもらったもので、現地でスタインウェイのコンサート・アーティスト部で黄金期を支えた、Kenに完全調整をしてもらい、DHLで半導体を輸送できるレベルでパッキング、そして日本へ送ってもらいました。この手法を用いると、安定したスタインウェイピアノは調律すら狂わないで、ボストンの空気をそのままにパッキングして到着します。選定もKenに行ってもらっているので、所謂最近のスタインウェイではなく、買収前の倍音が細くも鋭い音色が特徴的なグランドピアノです。 そして改めて思うこと・・・・日本に入ってきているので、気候の変動による影響はピアノにあるのでしょうが、音色は基本的にKenが調整した音のそのもの。音が変化していないということであれば、タッチも勿論そのままボストンで作られたまま。どうして日本に入り、弄ると和風になって西洋の音と輝きが失われるのか・・・そういうところは、改めて感じさせられる日本の音楽文化というものです。 また、今後数年後・10年後と音色は進化していき、常に新しい顔を見せてくれるピアノというのも、西洋ならではの音色を持つ楽器の特色です。今後更にオーナー様に磨きをかけて頂き、僕はその音色づくりを精一杯サポートさせて頂きます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va