• Furuya Hirotoshi

ショパン産んだポーランド発の IGS Audio


現在当社が代理店を持つ、ポーランドのIGS Audioは、非常に音色作りのうまいメーカーです。近代の機材を多用することで音色の「warm(暖かさ)」という概念は、少し後退する傾向にあります。一時期、SSLやNEVEといったこれまでスタンダードとされてきた音が既に時代にそぐわないと感じ、新時代を代表するメーカーたちとリレーションシップを築くことで、導入された機材の殆どはクリーン、透明感、透き通る、などの単語が多く用いられるサウンドを生み出すようになっていました。しかし、何もかもを一変通りでは上手く行かず、やはり局長によってはワーム感が欲しい楽曲も出てきます。しかし、時代遅れの機材とワーム感というものは別物であり、新感覚の中にもワーム感を演出できる機材があるはずと探し求め、見つけたのが IGS AUDIO でした。 映像のマスタリング用のEQは、API500シリーズでありながら広いヘッドルームを持ち、真空管が入っていないにも関わらず、too much なHi-Fiサウンドに温もりを与えてくれます。 僕がたまたまそういう使い方をしているだけで、他にも用途は様々なシチュエーションで活躍の場があるかと思います。特に低音の扱いにおいては独特の持ち上がり方をし、なんとも分厚くも正にワームなサウンドを演出してくれます。パッシブEQですので、低音・高音のみを調整する形となりますが、想像以上に音楽が大人びる傾向にありますので、お勧めの逸品です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va