• Furuya Hirotoshi

コーラスとスネア、そして静けさを意識する


様々にウンチクを語っているのですが、ここで実例を1つ。 僕はミキシングでもマスタリングでも、常に意識する音というのがあります。凡そのこれまでの経験で、様々な楽器が鳴る1つの楽曲の中で、スネアが美しく抜けてくるように作り上げていくと、透明感溢れる音が作れる傾向にあります。また、同じく物凄く重視するのがコーラスです。 この動画のTOTOの音源は、正に理想的な形で仕上げられていますが、彼らのコーラスというのは相当に拘りのサウンドであるがゆえに、如何に美しくハーモニーを聴かせるというのが大切になると思っています。 この作品は全く僕は関わっていませんが、昨年スイスの放送局から受注したTOTOのライブ音源に、マスタリングで参加した作品がありました。恐らくは、このライブ音源よりもコーラス専門のメンバーも加わっており、より壮大に楽曲を仕上げていこうとする姿勢が見えたために、よりステレオイメージをワイドに取ろうとしたために、2mixをマスタリングするには無理あると判断し、ステムマスタリングへ移行した経緯があります。 他にもサウンドメイクにおいて大切にする箇所というものはたくさんありますが、1つ欧米で常に気にされる音の性質として、どんなにハードなロックであっても、一定の『静けさ』という部分を演出できないと、中々良しとする判断が下らないことが多々あります。この音源からも、勿論その”静けさ”をいうものを感じ取ることが出来、ハードロックまでをこなすTOTOほどのバンドでも、メロディの美しさやハーモニーの美しさなど、音楽の基本的要素を非常に大切にしていますので、ある種非常にしっとりとした音を感じることが出来ます。 今日は少し視点を変えて、ブログを終わらせたいと思います。明日は、お昼からクラシックのレコーディングです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va