• Furuya Hirotoshi

これからレコーディング

スタインウェイ・グランドピアノ レコーディング

これからピアノレコーディングです。 準備を朝一から行い、やっと先程全てのセッティングが終わりました。今回使用するピアノはスタインウェイのL型というタイプで、中クラスのピアノです。大型のピアノと中型のピアノをレコーディングで使い分ける理由としては、大型のピアノというのはそのボリュームから来る圧倒的な表現力が魅力です。特に低音から発せられる奥深い音というものは、そのサイズでしか手に入らないものがあります。一方中型のピアノの魅力というのは、大きさがないぶん良い意味で迫力というものを減らすことが出来、ポップスの軽い曲調などにフィットするケースが多々あります。 ピアノのメーカーでも使い分けは行いますが、サイズによっても使い分けは行なわれます。また、レコーディングに向くピアノというのもあります。端的に言えば、発音の色合いが非常に濃く、立ち上がりの早いピアノほどレコーディングされる音は艷やかという傾向にあります。 さて始まります、今回も楽しみです。

#レコーディング

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

CM曲のミキシング・マスタリングをアシスタントプロデューサーの加瀬が担当

アシスタントプロデューサーの加瀬です。 本日とあるCM案件のBGMミキシング・マスタリングを、会社スタジオにて私が担当致しました。 このような広告案件を担当するのは今回が初めてでしたが、経験を積み重ね、キャリアを構築してゆけるよう、また、新規のご発注を頂けるよう、精進してまいります。

IGS Audio社製品の参考展示が始まりました

IGS Audio社製品の輸入業務を担当しております、加瀬です。 本日2020年7月10日より7月16日までの1週間、神田小川町に所在しております宮地楽器RPM様にて参考展示が始まりましたので、そのご案内を致します。 1)展示機材 ・TUBECORE 500 (Vari-Mu Type Vacuum Tube Mono Compressor) ・ONE LA 500 (Opto Type Va