IGS.png

IGS Auido 日本総代理店

IGS Audio総代理店は、ポーランドIGS Audio社との資本関係により、IGS Audio Japanに運営が移管されました。
より一層のサービス向上に努めてまいりますので、今後ともよろしくお願い申しげます。

IGS Audio Japan:https://www.igs-jpn.com/
Hiro.png

世界の激しい音楽マーケットを勝ち抜き、広大なダナミックレンジの楽曲を扱う際には、IGS Auidioは無くてはならないツールだった。圧倒的なリッチテイストと最も豊かな低音、そして自分の得意とする世界最先端を行くHi-Fiサウンドを前面に押し出すとき、絶妙なバランスを形作ってくれたのは、IGS Auidioだけだった。

音楽プロデューサー・ミキシング/マスタリングエンジニア 古屋博敏

プロフィール

​バークリー音楽大学修了、ハーバードビジネススクール修了。

15社に及ぶ国際公式エンドサーであり、国際的に最も評価の高いプロデューサー・エンジニアの一人。世界中のプロジェクトに参加しており、直近では2018年ドイツにおけるワールドカップ公式曲のサウンドプロデューサー/マスタリングエンジニアを担当。同年ドイツのDie Denkazの楽曲をマスタリングしヨーロッパチャート7位を獲得。2019年には、スロバキアのKarmen Pál-Baláž - Anjelにマスタリングエンジニアとして参加し、東ヨーロッパチャート10位にランクイン。同じく2019年モンゴルのNaagiiを担当し、モンゴルチャート3位を獲得。

自らが率いるバンドメンバーは、ジョン・キャペック(TOTO、ダイアナ・ロスの作曲家)、セフィ・カーメル(映画ETの作曲家、フィル・コリンズのキーボーディスト)、チャック・サボ(エルトン・ジョンのドラマー)、ゼィブ・シャレブ(ロッド・スチュワートのギターリスト)などを率い、各国のプロジェクトを成功に導いている。2020年には同バンドで、ドイツ映画『Vincero'』の主題歌を担当している。

2018年にDMSC Musiker Award(ドイツ)、及びチェコにて最優秀楽曲賞を受賞。